僕のドル高論

2006-09-28
chart.jpg

ドル円の月足チャートの一部を貼り付けてみました。




1998年から8年間、長期のレジスタンスライン(斜めに引っぱった赤い線)にドルの高値は綺麗に抑えつけられています。




昨年12月の高値、121.38も、このラインで抑えられています。




見て分かる通り、ドル円相場は月足では下降トレンドであるわけですが、永遠に、このレジスタンスラインに抑え付けられるという事はありえません。なぜなら、株ではないので、1ドルが0円になる事はあり得ないからです。つまり、いつかはこのレジスタンスラインを上に突き破るという事です。




僕は、この8年もの間、ドルの頭を抑えたラインを突き破る時が、すぐ目の前に来ているのではないかと思っています。




チャートの黒い○の部分を見てもらうと分かると思うのですが、過去、底値から上昇してきて、黒い○の部分で、まるで階段の踊り場のように少し休憩して、その後、凄い勢いでドルが上昇しています。一番右端の黒い○が現在ですが、ちょうど、その踊り場のように見えます。




さらに長期のレジスタンスラインが、頭のすぐ上の118.74まで、降りてきています。ここを突き破って、上昇していけば、長期トレンドに変化を生じる事になります。




僕は過去と同じ様に怒涛のドル上昇が起きると考えて、それを待ってるんですけど、どうなる事やら・・・










専門家としては、伝説のディーラー若林栄四さんが、1ドル161円、カリスマブロガーの為替王さんが、1ドル135円を予測されています。




もっとも国家破産論者の方たちであれば、1ドル600円とか、1000円なんていう極端な事を言われたりもしますが、個人的には現実的ではないと思います。でも、長期のトレンドが変れば、超長期的には1ドル200円台なんてのも、ありかな?なんて思ったりもします。




それに対してミスター円こと榊原教授は、昨日、米国の景気減速を理由に6~10ヶ月以内に1ドル100円になるなんて発言をしていたみたいです。もちろんミスター円以外にも円高を唱える専門家はいます。




専門家でも意見が全く違うわけですから、長期的にドル高か円高かなんて考えても仕方がないのでしょうが、考えるのは楽しいです。僕はドル高路線です。(笑)




しかし円が安くなっていくのは複雑な気分です。




特にここ最近は欧州通貨に対して円は安くなりました。




先日の為替王さんのブログの記事に出ていましたが、




例1 マクドナルドでハンバーガーセット




日本では500円以内 イギリスでは約5ポンド およそ1100円前後・・・。




例2  スターバックスでカフェラテ




日本では300円前後 イギリスでは約3ポンド おおよそ600円・・・。




なんだそうです。




ここ最近、ポンドに対して円はかなり安くなりましたからねー・・・




どうせなら円高の過程で利益を上げられたら嬉しいような気がするけど、どうだろ???




いずれにしても、利益を上げる為には長期予測なんてのは、僕にとっては関係なく、大事なのは目の前の相場の動きに逆らわずに、ついて行く事が大事だと思っています。




なんか、だんだん、とりとめなくなってきた・・・




まあ、いいや。とにかく僕はドル高路線だーーー!(笑)





tag :

情報商材

2006-09-27


インターネット上で最も売れるものは情報なんだとか・・・




最近はいたるところに情報販売の広告やホームページが氾濫しています。お金儲け関係に始まり、恋愛関係、はてはハゲ対策まで、ありとあらゆる情報が売られています。




情報販売、花盛りといったところでしょうか。




実際に僕も、そのうち買ってみたいと思っているe-Bookが、あるくらいですから、決して、インフォプレナーや情報販売事体を否定するわけではないですが、それにしても最近はヒドイのが多すぎますね~




ヒドイというよりは、ほとんど詐欺???




最近、よく見た広告の中で詐欺っぽいと思って見ていた例を2つ。




FXで97%の成功率で毎日、10%の利益を得られるノウハウなんてのが売られていました。書いてあるとおりなら、100万出して買ってもいい。(笑)




だって、あっという間に世界中のお金を集められちゃう。




mixiのあるところをクリックするだけで、何十万も儲かるなんてノウハウもありましたね。なんとなく内容が想像できちゃうんだけど・・・










こういった怪しげな情報商材に出会った時のお役立ちサイトがあります。




http://infogap.net/




これらの商材を実際に買った人が感想を書き込んでくれています。




上にあげた例も、ここに出ていました。FXの方はやはり、ヒドイ内容みたいですし、mixiの方は、どうも僕が想像した通りの代物のようです。よくも、まあ、そんな物を自信たっぷりに書いて、高額で売れるよな~・・・




しかし、彼らの文章力だけは見習いたいものです。(笑)




e-Book を購入する際は、お気をつけ下さい。




まともなe-Bookなら、煽ったりすることは少ないですし、何よりもまず、買う前から、何を買うのかが分かっています。




商材の内容がよく分からないものは、まずは疑ってみる事ですね。





tag :
<< 前のページへ << topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>