サイレントエリート

2006-07-04

車を運転しながらラジオを聴いていたら、結婚相手はサイレントエリートが狙い目だなんて、やっていました。


サイレントエリートというのは最近、流行っている言葉のようですが、僕は初めて聞きました。


地味で目立たず、どちらかと言えばダサ系で、仕事は技術職や経理が多く、趣味もオタクだが、案外、高収入といった人達をさしてサイレントエリートと言うようです。


結婚してからは趣味がオタクなので、外に遊びに行く事もなく、さっさと家に帰ってきて真面目だし、ボサボサの頭を今時の髪型にして分厚いメガネを外したら、すごくカッコ良かったなんていう少女マンガみたいな事を味わえるのもサイレントエリートの醍醐味なんだとか。


そう言えば、最近はオタクな人達が地位を確立してきてるよなー!


昨年の夏頃、オタク検定試験、OTAC(オータック)が始まるなんてニュースで聞いたけど、その後、どうなったんだろうか?


名前はTOEICをもじったようなふざけた名前だけど、かなり難しいなんて噂だったが・・・





暫く前のニュースで、オタクーニャンと言って、日本のアニメのコスプレに勤しむ中国の女の子達の特集をやっていました。


彼女達にとって秋葉原は聖地のようです。


反日デモが起こる一方で、店には日本のアニメ関連グッズが並び、それに群がり、夢中になる若者達。


その光景は日米安保闘争など、アメリカに反発する一方でアメリカ文化にどっぷりと浸かっていった日本とダブって僕には見えました。


アメリカは世界戦略の一環としてアメリカ文化の輸出を行ってきました。日本はそれによって戦後、精神的な部分だけではなく社会構造まで変化してしまったように思います。


もともと日本は循環型のエコ社会だったのが、アメリカ型の大量消費社会に変わってしまいました。


最近は、かつての日本の良さを見直したり、取り戻そうとする動きが見られますが、まんまとアメリカの世界戦略の中に取り込まれてしまったわけです。


逆に考えれば、日本も国家戦略としてオタク文化の育成と輸出に取り組んだら、どうだろうか?


案外、いいかも???


そしたらサイレントエリートどころか、本当にオタクエリートが出現するかも!


学生達の会話も


「おまえ、もうオータックとった?やっぱりオータックは持っていた方が就職、有利みたいだぜ!」


みたいになったりして。(笑)





ちょっと、飛躍しすぎました。(笑)



スポンサーサイト
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://yamuralife.blog.fc2.com/tb.php/82-28fef918

<< topページへこのページの先頭へ >>