いよいよFOMC

2006-06-29

今週に入ってからドル円は116から116ミドルあたりの狭いレンジで膠着状態です。


チャートを観察すると、そろそろ大きく動き出しそうな気配です。


明日未明のFOMCをきっかけに、動き出すのではないかと思います。


FOMCの注目点としては、6月の利上げは織り込まれていると思いますが、8月の利上げも示唆するような文言がはいるかどうでしょう。


結果が良ければ116円後半のレジスタンスを突き破り117円に到達すると思いますが、その後は調整等で円高に振れると思います。


もちろん結果が悪ければ、一気に円高でしょうけど、円高に振れても115円くらい、最悪でも113円までかなと思っています。


その後は、やはりドル高に戻ると考えています。


個人的には今週に入って3万ドル分を利益確定をして、少し身を軽くしました。現在は、109円後半と、112、113の前半に合計、7万ドルのポジションを持っています。


ここで博打的にポジションを取りたい衝動に駆られますが、前回の失敗を教訓に、今回のFOMCは静観しようと思います。


仮に117円を超えて大きくドル高に傾いた場合は、含み益が膨らみますので、それで、よしとします。


円高に振れても値幅は限定的でなおかつ、ドルが一気に反発すると考えているので、その場合は絶好のドルの買場と考えて、ドルの買い増しを行いたいと思います。


今回はドル高、円高、どちらに転んでもいい状態をうまく作る事ができました。


少しずつ進歩はしてるのかな~、なんて思ったりしています(笑)


明日は朝早いのでFOMCの発表まで起きてるわけにいかないので、明日、起きた時、どうなってるか楽しみです。


案外、予想に反して、ほとんど動かなかったりして。(笑)



スポンサーサイト
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://yamuralife.blog.fc2.com/tb.php/77-e76a0767

<< topページへこのページの先頭へ >>