漂流中

2007-04-12

FOMC議事録がタカ派的な内容だったため119円ミドルまで上伸しましたが、そこで頭を抑えられて、本日は119円前半からミドルにかけてを方向感なく漂っています。



印象としては、ドルも円も蚊帳の外で、史上最高値を更新しているユーロ円で円が売られ、ユーロドルでドルが売られるというドル安円安の微妙なバランスの中でドル円は漂っているという感じです。



現在のドル円相場はロングにしろショートにしろポジションをとりにくい状態だと思います。こんな時は動かずにスワップ金利を貰いながら、じっとして次の動きが出てくるのを待つに限ります。



昨日も書きましたが、日足ボリンジャーバンドのプラス1シグマより上で推移していますので、ドル堅調であり、僕個人はロングポジションを決済する理由が無く、ポジションをキープしたまま様子を見ています。しかし昨晩は上に放たれる期待をさせるような動きをしつつも119円ミドルで結局頭を抑えられていますし、安値115.14をつけてから既に26日が経過していることなどから、ドル下落には十分、注意したいと思っています。



このまま120円方向に上伸してくれれば嬉しいですが、どうなりますか・・・



週末のG7は為替相場にはあまり影響が無いのではないかという噂ですが、去年のG7後の怒涛の円高がトラウマになっている僕としては、ちょっと緊張です。(笑)


スポンサーサイト
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://yamuralife.blog.fc2.com/tb.php/304-6052836e

<< topページへこのページの先頭へ >>