2006-11-11

最近、子供たちが綺麗な石を集めて大切にしています。

なぜか毎日、お風呂に石を持ち込んで洗っています。なぜ毎日、お風呂で石を洗うのか聞いてみると、石を可愛がっているんだとか。可愛いものです。(笑)


そういえば僕も保育園の頃、石集めが大好きでした。最初はやはり綺麗な石を集めていましたが、やがて色々な石を拾い集めるようになり、買ってもらった石の図鑑と睨めっこになりました。当時の僕の家はお風呂を薪で焚いていましたので、お風呂の釜で花崗岩を熱して、水に浸けて、鉱物に分解し、虫眼鏡で石英や黒雲母、長石を見たり、硫黄を溶かしてゴムができないかやってみたりと、楽しかった事を覚えています。今考えると保育園児がそんな事をしているのは危ないような気がしますけど、たくさんの石の名前や鉱物を覚えました。


これは当時の僕の中では、もちろん勉強ではなく遊びです。

しかし保育園の頃、遊びで覚えた石や鉱物の名前は中学の理科や高校の地学でも出てきました。こちらは学校の授業でやっている訳ですから、当時の同級生達は試験の為に、それらの名前を一生懸命、暗記したんだと思います。しかし大人になった今、それを覚えている同級生は、ほとんど、いないんじゃないかと思います。でも僕は、今でもたくさんの石の名前を言う事ができますし、実際に落ちている石を見ても名前が分かるものが多いです。


遊びで楽しんで覚えた事は本当に忘れないものですし、それが本当の勉強のような気がします。


今、3歳の長男は、家の周りが森という環境もあり、外で色々な草や木の実を拾ってきては名前を聞いてくるので、植物図鑑を1冊、渡してあります。よく図鑑を見ては、この草はどこどこに生えていたなんて言って喜んでいます。これって僕は、とても大切な事だと思うのです。実際のところ、草の名前なんて覚えても将来、役には立たないでしょうけど、こういった遊びの中で、学ぶ事の楽しさを学んでもらえると思っています。


勉強は苦痛かもしれないけれど、学ぶ事は楽しいはずです。

学ぶ事はそれ自体が楽しいし、役に立つ、立たないは別にして、忘れずに自分の中に残っていきます。石でも草でも、カブトムシでもクワガタでも何でもいいので、そこから、子供達には学ぶ事の楽しさを学んでいって欲しいと思っています。


スポンサーサイト
tag :
コメント:
子どもの頃は遊ぶのが一番ですよね!昔国立大学付属小学校に通ってる子ども達の会話を聞いた時、ばかばかしくなったのを思い出しました。一年生の子が、「あーあ、俺幼稚園の時もっと遊んでおけば良かった」だって。子どもにそんな台詞を言わせる親って、ばかげてませんか??
[2006/11/12 16:31] | kayo #79D/WHSg | [edit]
こちらニジェールの子供たちは、学校に行けなかったり、行ってもノートやえんぴつ、教科書がない子が沢山いますが、日々の生活や貴重な学校での時間の中で学ぶ意欲の高い子は、頭が良いなと感じます。特に言語が良くできます。日本のように何でも当たり前に揃ってて、塾やその他親が全てお膳立てしてくれて、いやいや勉強をしているようでは、日本の教育水準も期待できない気がします。
[2006/11/15 04:53] | kayo #79D/WHSg | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://yamuralife.blog.fc2.com/tb.php/166-41c295ab

<< topページへこのページの先頭へ >>