大詰め

2006-11-10

昨夜のドル円はレジスタンスを次々と突き破り、118円ミドルを一瞬越えるまで上伸しました。重要なポイントを上に抜けてきていましたし、経済指標もこなしてきていたので、とりあえずNYクローズまでは118円台をキープするだろうと思いながら、眠りにつきましたが、朝、起きてビックリです。


中国人民銀行総裁の外貨準備の多角化発言で、一気にドル売りされたようです。そして今日の東京市場では、福井総裁の円キャリーに関する発言で、さらにドル売り。それにしても、なんら経済的な実態のない「発言」で、ここまで動く為替市場とは、おもしろいものです。福井総裁がいくら円キャリーについて発言したところで、現実問題、日銀が実際に規制できるわけではないと思いますし、中国人民銀行総裁の外貨準備の多角化発言なんかは、米中間選挙で民主党が上院までも制した事に対して、「保護貿易主義でもなんでも、来いや!、こっちも、やったるで!」的に僕は感じてしまいました。


いずれにしてもドルが売られているわけで、欧州勢が入ってきて、一気に下値トライにいっています。とりあえず、一発目のアタックは117.20近辺のサポートで押し返していますが、もしかしたら2回目のアタックがあるかもしれません。さらに親分のニューヨークが、今日、どう出てくるか目が離せません。


現在、ドル円はドル高トレンドが保てるかどうか、首の皮一枚状態だと思います。

本日、これからせめて117円後半から118円まで押し戻せればいいのですが、今現在、僕が普段見ているテクニカル指標は全て売りを示しています。かなり厳しい状況です。ドルの一発逆転なるか、中期下落トレンド入りしてしまうのか、踏ん張りどころが続いています。


頑張れ、ドル!!!


スポンサーサイト
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://yamuralife.blog.fc2.com/tb.php/165-21c96c19

<< topページへこのページの先頭へ >>