山本五十六記念館

2015-03-06
先週、長岡で、山本五十六記念館に立ち寄ってきました。

「国大なりといえども、戦いを好まば必ず亡ぶ、天下安らかになりといえども、戦を忘なば必ず危うし」

この言葉は元々、中国の兵法書にある言葉のようだが、山本五十六の国葬のあとに、米内光政が追懐した書というのが、とても僕には刺さる。国家でなくとも、個人としても僕は刺さる言葉なのだ・・・。(^^;

ちなみに、昭和天皇が最後に米内光政に「米内には随分と苦労をかけたね・・・」と声を掛けられるシーンは何度読んでも涙が出そうになる。そして、海軍解体の日に米内光政が示した意志と言うか思いは、現在の海自へと引き継がれているのではないかと僕は思ったりする・・・。

なぜか、山本五十六記念館を訪ねて、米内光政の事を書いてしまったが、写真は、その書と、撃墜された山本五十六長官機の左翼部分でごぜーます。(^^;


米内光政の書
米内光政の書


撃墜された山本長官機の左翼部分
撃墜された山本長官機の左翼部分




スポンサーサイト
tag :

ナルト-ペインのテーマ曲「儀礼」

2015-02-24
Naruto Shippuden - Pain's Theme , Girei Lyrics

As we forgive for love
but we can not pull through
if we can not forgive
for our tribute true love

As we forgive for love
but we can not pull through
if we can not forgive
we all tribute to love

僕はこの曲が好きで何回も聞いてしまうのだ。ふと、この呪文のように聞こえる歌詞はなんだろうかと調べてみたが、公式なやつは出ていないっぽい。海外の掲示板等を見ると、どうやら上の歌詞らしい。

内容的にも、ペインというか長門というかの言っていた事と、合致するから、たぶん、そんな感じだろう。あと、間奏とバックコーラスで流れてる読経みたいなやつは、外人さんらもラテン語じゃないかとか、話題にしていたが、どうも分からんようだ。日本人の感覚からすれば、お経系だと思うのだが、もし、分かる方がいたら教えて下さい。ていうか、投稿内容がマニアックで、すんませんって感じではあるけれど・・・。(^^;

それにしても、暁の服はカッコイイ。
なんか、ちょっとコスプレしてみたい気もするのだ・・・。(^^;
ここより世界に痛みを!!(笑)




tag :
<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>